450円のパラダイス

450円のパラダイス + 400円の贅沢

e0185645_20365850.jpg
子供の頃、じーさんに連れられて銭湯通いをしていた。家から徒歩2分ほどの場所にあったが、夏なんかは風呂上がりにパンツ一丁で帰るのがたまらなく気持ちが良かった。我輩が銭湯を再認識して通いだして2年余り、逆に言えば何十年も縁がなかった場所でR。
この日はある思い入れを持って荒川区は日暮里まで湯に浸かりにいった。我輩のノスタルジーでありまつ。

この日訪れた「斉藤湯」の HPを見たかったらクリック
金曜日定休 荒川区東日暮里6-59-2 03.3801.4022 16:00〜24:00営業
流し 400円 / 貸しタオル 20円 / バスタオル 100円 / 手ぶらセット 100円 / ドライヤー無料
e0185645_2142291.jpg
斉藤湯は仕事帰りに一度だけ訪れたことがある。JR日暮里駅からは徒歩3〜4分ほどにある銭湯だが、隣がコインパーキングになっているので車で行っても便利。16:00の開店と同時に木札も「ぬ」から「わ」にかわりまつ。正面がフロントになっており、左側の男湯と右側の女湯に分かれまつ。
e0185645_2143125.jpg
脱衣所は広めで清潔感たっぷり。脱衣所入口から眺める庭もいい感じでありまつ。銭湯の脱衣所って色々と時の流れを思わせるモノが目につきまつな。古い時計だったり体重計だったり、柱にかかる温暖計だったり。縁側にある縁台に腰掛け庭を眺めながら涼むこともできまつ。
e0185645_2143914.jpg
いよいよ浴室に突入でありまつ。広く背中合わせに座るカランの間隔(島カランと壁カランの距離)も余裕があるので、背中に他の客のシャワーの飛沫が飛んでくることもない。壁画はペンキ絵ではなく幾何学柄のタイルでありますた。白とグレーのコントラストもキライじゃないでつ。
e0185645_2144841.jpg
さて、湯槽でありまつ。少し広めの白湯はジェットが三基(画像は開店前の画像なのでジェット無し)でぬるめの湯といっても44℃で一般の銭湯よりやや熱めの設定。隣の茶褐色の湯槽はあつめの湯で、恵那温浴剤の薬湯になっておりまつ。我輩の他に常連さんが10人程度いたんでつが、あつめの湯には誰も入りませんな。
うーん、どっかで見た光景。そう!池之端「六龍鉱泉」と全く同じでありまつ。以前、夜に訪れた時に問題なく入れたので我輩チャレンジでありまつ。他の常連客に見栄を切り片足を入れそして沈もうとした途端、異変が‥‥‥。「あ、アツッ!」とんでもない熱さでありまつ。温度計を見ると47℃、けして入れない温度ではないと思うが入れない。常連さんたち、ニヤニヤしてまつぞ、くやしい。
こうなったら意地でも浸かってやる!と思い、邪道だがカランで水を何度も身体にかけ続け十分に冷やしてから再び入ろうとしたのだが駄目。なんとかもっと根性出せば入れないこともなかったのだが、実は熱い風呂というのは入る時でなく出る時が地獄の熱さを感じるのでR。経験上、この温度では出る時とんでもない状態になると判断し、ギブしますた。(後から聞いた話だと常連さんたちは結構遠慮なく水でうめているそうだ。前回来た時に入れたのは夜だったので、既に水で湯温が低くなってたんでしょーな、情けない)
e0185645_2145762.jpg
「斉藤湯」は各地から遠征してくる銭湯フリークも多い。そして雑誌などのメディアの取材も少なくない。銭湯としての完成度の他に、ここでは銭湯ノスタルジーの極みというべき【流し】が残っている銭湯なのだ。
冒頭で述べたように昔、銭湯で毎日我がじーさんが【流し】を頼んでいた。木札を置いておくと【流し/三助】と呼ばれる年配の人が来て背中を【流し】てくれて、肩まで揉んでくれる。子供の頃はたまにサービスで隣に座っている我輩の頭なんかも洗ってくれたりして。
しかしながら子供から見れば銭湯で【流し】を頼むってことは大人だけに許されることで、いわば銭湯におけるステータスであった。大人になったら頼むんだと思っていたはずの我輩だったが、結局は何十年も銭湯に行かない日々が続き、銭湯に再び行きだした頃にはこの素晴らしきサービスを提供する銭湯はなくなっていた。
斉藤湯は東京で唯一このサービスが残っている銭湯であったのだ。フロントで入浴料450円を払う時に流しの料金400円を払い、木札を受け取る。常連さんは日常だろうが、我輩にとっては VIP席を予約したときのような高揚感がわき上がる。
頭を洗っていたら「もう、いいかい?」と最後の【流し】橘さんが声をかけてきた。TVや雑誌で何度も見たあの顔でありまつ。基本的に垢擦りタオルのみ持っているので、石鹸や肩揉み時に使うタオルは客のを利用しまつ。背中一面と腕を洗い終わると肩揉み‥‥御歳71歳の先輩に肩を揉まれるのは恐縮しかり。ゆるめの肩揉みなので「やっぱ歳なんだろうなあ」と思っていたが、時折グッとツボに入る揉み方には熟練を感じますたぞ。
10分間と聞いていたんだけど15分近くやってくれたんじゃないだろーか、400円の贅沢を味あわせてもらいますた。最後に背中にかけてくれた熱い湯がたまらなかったでつな。
e0185645_222937.jpg
TVCMにも橘さん出演してまつ。Bossの贅沢微糖のCMね。
e0185645_2223230.jpg
e0185645_21561052.jpg
今回事前に電話で撮影の許可を得ようとしたところ快く承諾してくれた斉藤さんに感謝。風呂上がりにお礼がてら自宅の玄関に回ったところ、缶コーヒーまでくれちゃいますた。また来まつのでよろしく。

さて我輩が実行中の「風呂屋の富士山詣で」も今回の思い入れの斉藤湯で9合目まで来ますた。
e0185645_211057.jpg
さてラス1はどこにしまつかねえ。銭湯密集区の大田区の黒湯も捨てがたいが、やっぱ近場で墨田区でつかねー‥‥墨田区だと黒湯銭湯もあるけど、やっぱ最後となるとあそこになるんだろうなあ。


[PR]
by anton_min | 2009-09-08 21:06 | 450円のパラダイス

我輩の好奇心を満たしてくれるモノとは‥‥?


by anton_min
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31