ギャラリーなんかこわくない

私の切り札っ!第17回芸工展のお知らせ

e0185645_19502585.jpg
さて“芸工展”でありまつ。谷根千と呼ばれる谷中 / 根津 / 千駄木エリアに加え、日暮里や池之端や上野桜木なんと入谷の根岸辺りまで会場を拡大しての第17回でつ。母校がこのエリアなもので子供の頃から土地勘はあるんだが、谷根千なんぞと呼ばれるよーになってからは正直「うとい」。それでも浅草、千住に続きディープにこの地を歩けるよーになったのは、昨年のこのイベントのおかげかもしれない。
e0185645_19503592.jpg
本日は来るべき実施期間に不可欠のガイドマップの配布日だったので、お邪魔いたしますた。正規のポスターはB4サイズなんだが、A4サイズの刷り物もあったので入手。スキャナーする関係上でつ。
下がガイドマップ。表紙と背表紙が Map になっている小冊子。ページを捲ると Map にナンバリングされている展示会場の企画名と企画内容がそれぞれ分かるよーになってまつ。全てではないんだが、各会場にはスタンプを置いてあるところがあり、スタンプラリーも楽しめるよーになっておりまつ。
巻末には各々の開催スケジュールが一覧となっていて、分かりやすくまとまってまつ。
100円のガイドマップ‥‥必需品でもあり、優れモンでつ。出かけるなら是非入手を。
e0185645_19504343.jpg
昔からアツカマしい我輩であるが、一見の店に入る時は臆病になる。
谷根千エリアはB級グルメや名所巡りだけじゃなく、面白そうな店やギャラリーが多い。このギャラリーってのが我輩にとってクセモノで、中に入りたいんだけど素通りしてしまう。だからかつてはこのエリアで詳しいのは食べるとこが多かったのでR。
そんで昨年の芸工展(第16回)を知って、スタンプラリーにかこつけて行けば我輩でも全ての店(会場)に入ることが出来る‥‥と思ったのでありますた。昨年は1日しか時間がとれなかったので限られた範囲だけだったが、普段は決して敷居を跨がないよーなギャラリーや店を何軒も回ることが出来た。我輩がギャラリーアレルギーを克服した日になったのだ。(我輩のアツカマシさがレベルアップしますた)
e0185645_19505374.jpg
谷根千がブランド化しかかってる昨今、じっくり見てみたいという同胞もますます増えてくると思われる。このエリアを理解する上でも“芸工展”、いいきっかけになるのではなかろーか。今年は何日行けるかね?

芸工展HP〝芸工展2009へようこそ〟 ← 興味がわいたらクリック!!
↓ ホームページより抜粋
[キーワードは「まちじゅうが展覧会場」。参加者は、趣旨に賛同する普通のひと、様々な職人、自称プロ、アマアーテイスト、お店、ワークショップ、学生等。ガイドマップを片手に裏路地に迷い込んだり、今まで感じたことの無い気持ちや見過ごしていた景色、非日常とのノイズ、新たな発見や出会いが貴方に訪れますように。]


[PR]
by anton_min | 2009-09-20 19:51 | ギャラリーなんかこわくない

我輩の好奇心を満たしてくれるモノとは‥‥?


by anton_min
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30