日々精進

イサムよりよろしく 井上ひさし逝く

「吉里吉里人」など奇抜な設定と軽妙なタッチの小説や戯曲、エッセーで知られ、護憲運動にも力を注いだ作家・劇作家で文化功労者の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名廈=ひさし)さんが9日午後10時22分、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳だった。山形県川西町出身。葬儀は近親者で行う。
 5歳で父親と死別、児童養護施設に預けられ、カトリックの洗礼を受けた。上智大フランス語科在学中から東京・浅草のストリップ劇場で喜劇の台本を書き始め、卒業後は放送作家に。1964年からNHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本を共同で手掛けた。72年、江戸戯作者群像を描いた「手鎖心中」で直木賞、同年「道元の冒険」で岸田国士戯曲賞。81年、東北の寒村が日本から独立宣言する「吉里吉里人」で日本SF大賞。
 84年に劇団「こまつ座」を旗揚げし、「頭痛肩こり樋口一葉」「闇に咲く花」「人間合格」などの戯曲を書き下ろして上演。広島で被爆した父と娘の心の交流を描いた戯曲「父と暮せば」は欧米など多数の国々でも上演され、高く評価された。
 2004年には作家大江健三郎、哲学者梅原猛両氏らと平和憲法の堅持を訴える「九条の会」を設立するなど、平和、護憲運動でも知られた。日本ペンクラブ会長も務めた。09年日本芸術院賞。 
 昨年10月末ごろに体調不良を訴え、検査で肺がんと診断され、治療を受けていた
e0185645_2240244.jpg
氏の小説は遥か昔の高校時代に読みあさったものだ。「モッキンポット氏の後始末」を読んだあと、当時の文化放送付近を歩き回ったし、千住寿町に実在していた大衆演芸場『寿劇場』の下りには心躍る思いであった。
「イサムよりよろしく」は学生時代に演劇サークル結成を目指していた頃(その思いは叶わなかったが)目指す素人演劇集団の一発目として我輩が脚本を書いたものでR。廃棄していないので我家のどこかにその台本があるはずである。黒電話ひとつで演じられる安上がりの脚本でありますた。

合掌‥‥



[PR]
by anton_min | 2010-04-11 22:51 | 日々精進

我輩の好奇心を満たしてくれるモノとは‥‥?


by anton_min
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31