続 吟遊詩人の旅

鳥越神社例大祭 宮出

e0185645_7184826.jpg
三社祭が終了するとあまり祭に興味がなくなるのは前に書いた通りであります。とは言っても隣町の祭も有名。
昨夜は流れで久々に宵宮連合を眺めに行ったんですけど、ついでに宮出も見学しちゃうことにしました。
もっとも鳥越祭(トリコエと読む)は日曜日の夜の宮入がメインなんですが、夜は行けそうも無いので早朝にしました。



e0185645_21274097.jpg
早朝5時45分に神社に到着。千貫神輿というだけあって、鳥越の本社はでかいです。
6時を回り各町会の睦が増えてきました。式典が始まると皆鉢巻を外して平頭します。最後に総代に宮司から御幣棒(おんべ)と拍子木が授与され、いよいよ神輿が動き出します。
e0185645_21274757.jpg
e0185645_21275464.jpg
総代による手締め後、睦の人たちが神輿を神社正面に移動。
e0185645_2128178.jpg
合図の一本締めで神輿が上がりました。
e0185645_21281099.jpg
神社境内はそんなに広い神社ではないのと、睦担ぎ手ということで「整然」としてます。
e0185645_21281885.jpg
e0185645_21282543.jpg
やっぱ鳥居を潜る姿はいいもんであります。天気も良く神輿の鳳凰が輝いておりました。
e0185645_2128348.jpg
e0185645_21284323.jpg
鳥居を潜り、蔵前橋通りを西に少し進んだ辺りで睦による渡御が終了。肩を抜いた人々はこれから各町会渡御の世話にまわるんですな。
e0185645_21285165.jpg
このあと一番手の町会の渡御が始まったんですが、キリが無いのでここまでであります。


[PR]
by anton_min | 2010-06-06 07:19 | 続 吟遊詩人の旅

我輩の好奇心を満たしてくれるモノとは‥‥?


by anton_min
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31