赤々舎って‥‥何? @ 江東区白河

e0185645_7174843.jpg
e0185645_2341296.jpg
清澄庭園前の深川江戸資料館通りを東にしばらく歩き、角にコンビニがある信号の手前の路地を左に曲がると白い建物がある。重量鉄骨造と木造が組み合せた感じの2階建て。看板も無く、ただ真っ赤なフラップが風になびいております。入口は特に定められておらず、引き戸のかわりに厚手の透明ビニールのカーテンで仕切られている。『赤々舎』という名前に興味があって訪れたのが正直なトコであります。



e0185645_23414042.jpg
出版社のようなんでありますが‥‥?
ビニールカーテンの内側はご覧の通り。奥に向って左側の壁一面にはラックに写真集などが並べられています。壁も天井も柱も白。外気との境がビニールなのでちょっと暑いけど見た目涼しげでしょ。
websiteを見たんですけど、イマイチ理解していないので次回は少し時間を作って再訪してみようかと考えております。なんか面白そうな、興味がわくトコでありますぞ。
e0185645_23414869.jpg
店の奥に布製のカーテンで仕切られた間があります。カーテン越しに平面作品が垣間見えますな。奥はギャラリーになっております。意外と広い、ここも白い空間であります。今回は紹介出来ませんが、機会があれば。このエリアで要チェックのギャラリーであります。7月18日(日曜日)まで今回の展示が開催されているので、行ってみて下さい。
e0185645_8472643.jpg

AKAAKA赤々舎website
AKAAKA赤々舎blog
『赤々舎』
 日・月休み 江東区白河2-5-10 03.5620.1475 Gallery開館時間 12:00〜20:00 
e0185645_23455591.gif

赤々舎は「深川フォトセッション」の参加展示ギャラリーに名を連ねているが、
ギャラリーとしては期間中18日まで以下の展示会を開催。
e0185645_23534413.jpg
Sylvia Schildge "Passage N°5"Current Exhibition
この「パサージュ 5」のテーマは、
「心に刻みこまれたもの」である。



※24、25日は書店に出荷した際につける本のサンプルを割り引いて販売する「サンプルセール」を実施。


[PR]