ギャラリーなんかこわくない

MARKTE(マルクト)今、馬喰町が面白い!

東神田、馬喰町、小伝馬町、大伝馬町‥‥問屋街、繊維商社そんなイメージですかね。実際、もうふた昔前に大伝馬町の商社に知り合いがいたので、界隈の飯処を案内してもらったり10月のべったら市でたらふく呑んだり。あと東神田には天婦羅ととんかつ「いもや」もありますな(天婦羅いもやの方は残念ながら閉店)。懐かしさもあるが、あまり足を運ぶことがないトコ。昨年、小伝馬町の cafe紅 に行ってカレーを食べたぐらいですかね。
しかしながら、今このエリアが面白くなっております。
e0185645_20314314.jpg
地名でいうと東神田なんですが、馬喰町にほど近いところにあるアガタ竹澤ビルというビルが内部を色々とリノベーションしていまして、魅力的な店やギャラリーが集まってます。
この日訪れたのは同ビル3F305号室にあるドイツ雑貨の『MARKTE(マルクト)』。
我輩にドイツというと
○ 小学生高学年から中学生時代に流行った STAEDTLER の鉛筆芯ホルダー
○ フロイデンベルグ社
○ アウスレーゼだって言われて呑んだドイツワイン
○ 猪木の師匠であったジャーマン・スープレックス・ホールドのカール・ゴッチ
なんとも一般受けしないことばかり思い浮かんできてしまう。

緑色の鉄製のドアを開けて MARKTE に足を踏み入れると、そこにはワンダーランドが。



e0185645_23112640.jpg
この棚に飾られたドイツ雑貨が表紙の本が MARKTE の原点だという。
2003年にギャップ出版から出版され、たちまち雑貨フリークの間で話題となった『MARKTE(マルクト)/1点モノの雑貨店、開店します。』が、プチグラより復刊!著者、塚本太朗が旅した国々で見つけた様々な雑貨たちを並べて、架空の雑貨店「MARKTE(マルクト)」をオープンするというコンセプトで作られたこの本には、ヨーロッパの街角でみつけた、おもちゃ、文具、グラス、キーホルダーなどデザインのすぐれたもの、かわいらしいものたちが、テキストとともに紹介されてる。(Petit SHOP)

想像よりコジンマリとした店内は、オーナーである塚本さんの夢がたらふく詰まっている様子。
メールでブログでの紹介を了承してくれた氏には残念ながら会えなかったものの、お店の方にはお世話になりました。店の1/3位は事務所的な佇まいもあります。
e0185645_20332925.jpg
ちょっと見、ウサギのようなフォルムのぬいぐるみ(?)がありました。これは靴下で出来ているよーであります。MARKTE の雑貨‥‥面白そうであります。
e0185645_20333748.jpg

e0185645_20335144.jpg
MARKTE
website

MARKTE / note
blog

日曜 / 祝日 定休

open12:00〜19:00

千代田区東神田1-2-11
アガタ竹澤ビル 305号

03.5926.5511




e0185645_20393267.gif



[PR]
by anton_min | 2010-08-22 21:38 | ギャラリーなんかこわくない

我輩の好奇心を満たしてくれるモノとは‥‥?


by anton_min
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31