<   2009年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

e0185645_1621657.jpg
さて、これだけ差がつくとは思いませんですたな。というか民主勝ち過ぎでしょ。
自民にとってはもう死に体になっちゃいますた。随分昔、細川政権が成立したときはまだまだ自民は余裕綽々で野党としての立場を逆利用している感があったが、今後は半分以下の議席の第二党としての立場なのでヘタすると暫く表に出て来れないかも。
TVの報道番組はこれ一色で色々な角度から報道してまつ。まあ、落選した方がいいという議員、残念ながら落選しちゃった議員、落選したと喜んでいたら比例復活してきやがった議員と色々いまつな。
新政権下、どんな方向に日本が進むのか・・・悲観しても仕方がないので期待することにしよう。
ただ、連立を組む党から閣内に入る議員の予想などもしていまつが「やめてくれー」ってのもいまつなあ。勘弁して欲すい。


[PR]
by anton_min | 2009-08-31 16:21 | 日々精進
ここまでとは思いませんですたな。現在、TVチャンネルをいったりきたりさせて観戦中でありまつ。
ヒョードル VS 山本KID ぐらいの差がついちゃってるし。どこまで行っちゃうんでしょうか?
e0185645_21462392.jpg

引き続き観戦中


YouTubeで削除されるまで参考までに






[PR]
by anton_min | 2009-08-30 21:50 | 日々精進
e0185645_1524299.jpg
8月初旬に一服した神保町〝さぼうる〟の隣にある〝さぼうる2〟に先日行ってまいりますた。神保町に行く場合、だいたいは奥さんに頼まれて文庫本を仕入れに行く時。この日も頼まれた 柄刀 一著「十字架クロスワードの殺人」というのを求めて三省堂に。前回寄らなかった店にも寄れるしちょうどいい。
〝さぼうる2〟 日曜日定休
千代田区神田神保町1-11 03.3291.8405 8:30〜23:00(ランチは11:00〜14:00)
e0185645_15241362.jpg
昼前だというのに並んでますたが、我輩は一人なので先に入店。地下のホントに一人用のちっちゃな席に案内されますた。実際満員でありまつ。〝さぼうる〟同様ここ〝さぼうる2〟も一人当たりの専用面積はかなり狭く、通路も狭い為少し窮屈。それでも満員なのは味とコストパフォーマンスなんでしょうな。
テーブルに置かれているのはオーダーしてから持ってくるモンで、始めは何も置かれてない。
e0185645_15242347.jpg
我輩がオーダーしたのはここの名物といっていいナポリタン(サラダ付きで650円)、200円でドリンクが付くのでアイスコーヒーを料理と一緒にと注文。
アイスコーヒーを一口飲んでいると登場いたしますた。これが〝さぼうる2〟のナポリタンでありまつ。
e0185645_1524317.jpg
これ別に大盛りを頼んだんじゃねーのでありまつ。スタンダードでこのボリューム・・・山盛りが嬉しくなっちゃう。先客で隣に陣取っていた二人組の女性客も同じものオーダーしててペロリですたな。
嬉しいのは盛りだけじゃなく味。具はマッシュルームにハム、玉葱そして目立たないけど一片を見つけたピーマン(入ってると思うんだけど自信無し)。見るからにケチャップソースがバリバリの懐かしいナポリタンでありまつ。濃い味付けで、なんというか洋食屋でハンバーグを頼んだ時に皿の片隅に遠慮がちに参加しているあのスパ ! って言ったらいいんだろーか。
家でナポリタンを作ってもらう時、「今日は下品系のナポリにしてくれ」と頼むと出て来る我輩にとって大好きな味でありまつ。なかなか減らない量だったが、後半戦はあっという間で、まだいけそうですた。
e0185645_15244063.jpg
店を出て路地を三省堂の方に戻って行くと古い喫茶店がありまつ。昼飯時じゃなければ次回どっちかでボーッとしようかなと企画しておりまつ。
e0185645_1524518.jpg
参考までに
〝神保町 ラドリオ〟 神田神保町1-3 03.3295.4788 日曜、祝日お休み
〝ミロンガ・ヌォーバ〟神田神保町1-3 03.3295.1716 基本的に無休


[PR]
e0185645_10344931.jpg
朝一番(予定よりちょっと寝坊して8時頃)、第45回衆議院議員総選挙の投票に行ってまいりますた。
やっぱり今回の選挙少し風景が違いまつな。確実に投票所にいる人数が違いまつ。
夜8時過ぎからのTVは選挙報道一色。何か起こるのだろーか。海苔P報道も小休止でつな。
e0185645_1045455.jpg



[PR]
by anton_min | 2009-08-30 09:35 | 日々精進
e0185645_15343134.jpg
何十年ぶりで浅草サンバに行ってまいりました。自分の記憶では長女をベビーカーに乗せて見に行った時が第一回目だと思っていたんだが、今回で29回というと計算が合わない。ま、どちらにしても27年ぶり。
e0185645_21112741.jpg
結論からいうと、撃沈であります。何がなんだか分からないまま。
e0185645_2132116.jpg
e0185645_2133055.jpg
何しろ人多過ぎ。雷門通りがメイン通りなので駒形から廻ってまっすぐ雷門に向ったんだが、13:30(開始時間)ちょっと過ぎぐらいなのに見えましぇん。2〜3m の幅で人垣が出来ている状況であります。ジワジワと前の方に進んで右手を目一杯伸ばして適当に撮影させていただきました。暑い、汗だく。
e0185645_2133914.jpg
場所を変えようと思って吾妻橋方向に歩道を進んだんだが大失敗でR。身動きがとれない。
e0185645_2134774.jpg
ようやく脇道に逃げる事が出来たんだが、その時点で我輩の心は折れてしまいました。とにかく朝何時からかは分からないけど、歩道の前に席を確保しておかないとパレードって見えませんな。きわどい衣装の踊り子が登場するとデジカメ、携帯を持った手が一斉に上がるといった具合でつ。皆、汗だく。
e0185645_2135711.jpg
パレードの終点は国際通りに出る手前でありまつ。裏道を通ってそちらに廻り、待ってたらゲートからパレード終了で燃え尽きた踊り手が出てきまつ。
e0185645_214610.jpg
結論 : 暑いから来年は多分行かないと思う。参りました。


[PR]
e0185645_092863.jpg
昔の後輩のO串君、IT本君と久しぶりに呑みにいきますた。当初は浅草で呑もうと思ってたんだけど、上野アメ横近くで行きたい店があったので、急遽待合せを御徒町の上野松坂屋前に変更。遅れるはずだったO串君も間に合って、いざ出陣でありまつ。
どーしても行きたかった店はここ。北区赤羽の店は何度か使ってますたが、まさか近場にOPENしてるとは。
「上野 アメ屋横丁 トロ函」 基本的に無休
台東区上野6-8-1 03.6240.1223 16:30〜23:00(土・日・祝は15:30から)営業
上野中央通りから ABAB の脇の道をまっすぐ。ガードをくぐって左側にある。
e0185645_8385510.jpg
金曜日のそれなりの時間なので大盛況でありまつ。運良く奥の方の小上がり席が空いていたので席確保できますた。トロ函は海の浜焼きのイメージを味わえる店でありまつ。この喧噪が懐かしー。
e0185645_839465.jpg
定番の「とりあえず」を注文すると同時に 鮪カマ焼き599円 / 活さざえの壷焼き(2個699円)/ 活蛤の殻焼き(2個399円)を注文。焼けるまで手持ち無沙汰になるので 旬の秋刀魚を刺身でオーダー。でもって、チンカチンカの生で再会を祝して乾杯でありまつ。
e0185645_8391256.jpg

e0185645_8392075.jpg

e0185645_8392948.jpg

e0185645_8393882.jpg

e0185645_8394648.jpg

e0185645_8395680.jpg



[PR]
銭湯好きの我輩は平均しても2回/週の頻度で街の銭湯に出かけている。夜も22時過ぎてから無性に湯槽に身を沈めたくなったり、どうしても朝一番に入りたくて朝からやってる銭湯を探したり。以前報告した通り、2年ほど前から【銭湯お遍路(88カ所)】を始め、現在53カ所制覇。また最近始まった【風呂屋の富士山詣で(10カ所)】は残すところ2カ所に迫ってきた。
e0185645_21123210.jpg
さて、今回は数ある銭湯の内、約半数ぐらい設置している特殊湯槽についておさらいしてみる。
それは「薬湯」と銘している湯槽。温泉じゃなく入浴剤や薬草などで身体にイイと詠われている湯。
e0185645_21244140.jpg
葛飾区高砂にある「智光湯」はその典型的な湯で、完全に天然の漢方を湯に溶かし入るだけで肌に刺激を感じるほどであるが・・・《我輩の智光湯レポート》を見たかったらクリック !
今回話題にしたいのは天然じゃない入浴剤の方。家庭でいえばバスクリン系のあれね。
我輩のお気に入りの銭湯で最も行く頻度が高いのが東上野の寿湯であるが、寿湯の場合は内湯の1/3ぐらいのスペースが薬湯に設定されている。日替わりで種々の湯に様変わりする。
確か9種類の日替わりだがとりあえず覚えているのは[宝寿湯 / 紫根 / 甘草 / アロエ / ローズ&サンダルウッド / ペパーミント&オレンジ / レモン / ラベンダー ]の八つ。そして日曜・祝日の大露天風呂が[はちみつ風呂]になる。白湯に比べて何故かありがたく思える。薬湯の湯槽の壁には概ねプレートが設置されていて〈本日の湯 : アロエ〉とか告知されている。入浴客はそれを見て「なるほど、アロエね」などと意識して浸かっているわけだ。
我輩もそんなクチだが、いつも意識しているのはプレートの下部に記載されている入浴剤の会社、ヘルスケミカルという社名でR。一般的には聞かない名前でありまつな。
この会社は名古屋に本社があるよーだ。東京の銭湯の薬湯はここの商品が多いんじゃないかなあ。
いつもは何となく入っているだけなので、日頃の感謝を込めて以下に各薬湯の詳細を紹介しておく。


e0185645_835761.jpg【宝寿湯】の紹介ページに Go !

e0185645_8353764.jpg【紫根】の紹介ページに Go !

e0185645_8355153.jpg【甘草】の紹介ページに Go !

e0185645_8364042.jpg【アロエ】の紹介ページに Go !

e0185645_8365778.jpg【ローズ&サンダルウッド】の紹介ページに Go !

e0185645_8371645.jpg【ペパーミント&オレンジ】の紹介ページに Go !

e0185645_8373566.jpg【レモングラス&グレープフルーツ】の紹介ページに Go !

e0185645_8375460.jpg【ラベンダー&カモミール】の紹介ページに Go !


上記のように日曜、祝日に限り大露天風呂が薬湯(はちみつ風呂)になる。手足をゆったり伸ばしてはちみつの香りを楽しむのでR。贅沢をいえば天然温泉・・・でも庶民はこの入浴剤入りの薬湯で毎日自分を労っているのでありますた。


[PR]
e0185645_15381328.jpg
残念ながら我が地元にはゆったりと時を過ごす喫茶店、Cafeの類いが多いとはいえない。浅草方面には老舗と呼ばれる店が点在するが今流行の風体を成していない。老舗には老舗の良さってのはあるんだけどね。
先日立ち寄った〝gallery F〟のように日中独りでボーッと過ごせる様なトコが欲しいのでR。贅沢をいえば同様の吞み屋が欲すい。今回は地元近く、元浅草の Cafe を紹介。
e0185645_23315746.jpg
表通り(この場合春日通り)に面していないので目立ちはしないが、都立白鴎高校の裏路地にある。
外観、ルックスいいんですなぁ。M原さんというハンドバッグのデザイナーのプロデュースの Cafe で、メインはイタリアン。同じビルの3Fにデザイン工房があるため、時期によっては Cafe 内で作品展示もあるようでR。Cafe内の雰囲気がなかなかいいので、galleryとして解放してもいいのにとちょっと思ってしまいますた。
e0185645_7444778.jpg
Lunch の Menu でありまつ。かなり安い設定になっておりまつな。オーナーの考えだそーでありまつ。これって正直点数高いのでありまつ。今回一服でオーダーしたアイスコーヒーも300円でありますた。
Menu の中の■RICE BOWL & PLATE■ってのは日替わりでありまつ。次回は LUNCH で行ってみたいが、ここは日替わりMenuのカレンダーを作成して告知してますた。来月、9月分の日替わりMenuはこの通りでありまつ。ご飯は十六穀米を使っていて、大盛りにすると+100円だそーだ。
e0185645_23322674.jpg
店頭では自家製パンと総菜の Take Out もやっておりまつ。[看板娘]が優しく応対してくれる・・・と本人が断言してくれますた。夜も手頃な値段で呑めそうなので、落ち着いたら行ってみようかな?と考えておりまつ。
e0185645_23323893.jpg
〝cafe Title〟 日曜日、祝日定休
台東区元浅草1-6-7 03.5806.9895
月曜日〜木曜日 11:30〜23:00 / 金、土曜日 17:00〜27:00
e0185645_01577.jpg
看板娘I藤さんの名刺。滅多に渡されないものらしい。貴重なモノでR。(裏に地図が載っていたのでUP)


[PR]
e0185645_21164240.jpg
近所に合羽橋の道具街がR。北の外れにある生涯学習センター(図書館)や Cafe(合羽橋珈琲)などがあり月に1〜2度程度利用するが、道具街にはあまり用が無い。この日は、めったに利用しない店でお買い物。
e0185645_2393897.jpg
合羽橋道具街の店なので、基本的には業務用商品を扱っている。味噌にしろケチャップにしろ半端じゃない大きさの容器でR。今回の購入品は「カレー」だ。このMCCのカレー缶って意外と旨いのでR。その中でもこの「タヒチカレー」がいい。ビーフカレーなんだけどココナッツ / マンゴチャツネ / リンゴ などをブレンドしてる。まあ、そのままじゃ芸がないので帰り道にエーマートに寄って[和牛カレー用肉 / 玉葱]を購入。それをよく炒めて鍋にあけた缶カレーにぶち込みトロ火で煮込めば手作り感も味わえまつ。861円/缶 × 2 と材料費で2日間喰えまつぞ。お試しあれ。
e0185645_2394753.jpg

本間商店のレジ脇に平成二十一年度版の情報誌が置いてありますた。
e0185645_2395881.jpg
この冊子、結構優れモンで全156ページに情報満載でありまつ。浅草界隈の商店街(61もあるのは驚きでつな)がほぼ全て網羅されておりまつ。巻末にはマップと協賛店で使えるらしいクーポン券もついておりますた。観光ガイドマップではないものの逆に浅草周辺を DEEP に探検するには必須アイテムになるんじゃなかろーか?今の時期、浅草のどこの店に入っても置いてありそーな予感。一冊入手しておくべきでつぞ。


[PR]
e0185645_21154369.jpg
プチ仕事の帰り、昼飯時にはちと遅い時間だったが朝飯抜きだったので浅草で喰うことにした。アテもなかったけど観音通りをウロツイていたら名前は聞いたことがある店がありますた。
e0185645_235815100.jpg
〈中華そば つし馬〉 基本的に無休
台東区浅草1-1-8 03.5828.3181 11:00〜21:30(スープなくなり次第終了)
観音通り沿い、新仲見世との交差点近くにある。
e0185645_23582311.jpg
時間がズレているとはいえ中々の繁盛ぶりでR。ここは中華そばだけど煮干系のスープのよーでつな。我輩は普段あんまり煮干系と縁がないので丁度いいっちゃあ丁度いい。店頭に人気Menuの貼紙があり「バリ煮干そば 750円」ってのが目立ってたのでそれにしまつ。店内の販売機で食券を買う方式。カウンターに置いてある茹で玉子は50円で現金で支払う。小ライスが付くというので頼みますた。
一日限定30食なんぞと書かれていりゃあつい注文しちゃいまつな。この〜食限定って Menu をオーダーする時にはある心構えが必要でつ。我輩の場合常に「おぉ〜、これ今日の限定最後のやつだ!」と思い込むこと。
e0185645_23583232.jpg
煮干系というとサッパリ感覚を予想していたんだが、出てきたのはこんな感じ。かなり「ギト」っぽいよね。ここは豚骨系と煮干系の混合のよーでつな。うーん、ギトギトの煮干そばでつか・・・はたして?
e0185645_23584115.jpg
ハマりはしなかったが、水準以上のラーメンではないでしょーか。シナチクも濃い色が好みに合ってるし歯ごたえもいい。叉焼は美味ですたな(ラーメン専門店にありがちなんだが、ツナ缶のような味がする叉焼を出す有名ラーメン店もあるのだ)。麺は中太のストレート麺、しかしスープの絡みは十分でありまつ。我輩は縮れ麺が好きなんだが、ここの麺は旨い。
さて、肝心の「バリ煮干」のスープの味についてでありまつ。正直、煮干系っていう味はしなかったでつな。合わせる豚骨スープなのかラーメンタレが邪魔をするのか煮干の味しません。かといって背脂系のギトギト感もない。一言で言うと「しょっぱい」。濃い味のスープ、我輩は嫌いじゃないので全体的には満足できるラーメンなのだが、煮干って頭でオーダーするとちょっと期待を裏切られると思いまつ。ちと残念ですたな。
e0185645_23585088.jpg

[PR]