<   2009年 12月 ( 56 )   > この月の画像一覧

e0185645_16453983.jpg
えー、年内退院の見込みもあった奥さんですが、年越しになっちまいました。本日は差入れでアップルパイをリクエストされたので谷中よみせ通りの店でカットされたアップルパイ(350円)を購入。
病院に向う途中に根津のcaikot*に寄ってみました。予想した通り!「ウロウロのY田」さんと遭遇であります。店主・べこさんに甘酒をご馳走になりながら暫し談笑。正月は横浜方面→新宿に出没する予定だということでありました。水族館劇場の公演 に合わせた行動のようであります。しかし行動力ありますな。
病院には14:30頃に到着。1Fの TULLY'S COFFEE で珈琲を買って、ラウンジで年越し蕎麦ならぬアップルパイで儀式をとり行いました。ラウンジからの眺めって結構いけます。眼下に不忍池、右側には旧岩崎邸そして遠くに建設中の TOKYO SKY TREE と飽きませんな。
e0185645_16454982.jpg
ここのアップルパイは奥さんのお気に入りであります。りんごがたっぷりで適度な歯ごたえがあるのが好きみたいであります。小さい方ならホール1個ぐらいは軽い!と申しておりました。
e0185645_16455723.jpg
ラウンジから見える旧岩崎邸では年明けの1月2日と3日にイベントがあるようです。
e0185645_1646658.jpg
さて、そろそろいい時間が迫ってまいりました。18:00からは我輩は格闘技ファンモードになるのでその前にヤボ用は済ませないと‥‥あと少し。


[PR]
by anton_min | 2009-12-31 17:09 | 日々精進
e0185645_1334588.jpg
江東区常盤、芭蕉庵旧跡近く隅田川沿いにある芭蕉庵史跡展望庭園には松尾芭蕉の坐像があり、川面を眺めています(午後5時になると像が回転して隅田川に顔をむけるらしい)。その隣、元は印刷工場だった一軒家‥‥設計事務所+ギャラリー「深川番所」はその二階にある。
先日お邪魔した小石川「橙灯」の坂崎さんから教えてもらいまして、仕事場からほど近い場所であるので寄ってみたいトコでありました。イベント開催時のみ開いているとのことだったので、場所だけ確認しに行ったのでありますが。
e0185645_134363.jpg
深川番所の1Fは「そら庵」というカフェ&イベントスペースになっていて、我輩は今回はそこで一服して帰ろうと思っていたのだ。そしたらそら庵の人が「ドアが開いてればいるんだよ。連れて行こうか?」などとこの遠慮深い我輩に悪魔の囁きを呟いたんですな。一旦外に出てドアノブに手をかけたその方。カチャッ!ドアが開いた瞬間、我輩の顔を覗き込んで微笑みながら「いるね‥‥(2Fに向って)あのー、上がりますよぉ!」だって。おいおい、いいのか?いったいどーなってしまうのか?(懐かしのガチンコ風)
e0185645_1341136.jpg
深川番所は設計事務所+ギャラリーで展示期間以外は設計事務所なんである。今はその期間じゃないから一般の設計事務所にいきなり上がり込むみたいなもんなんで、我輩じゃなくても遠慮したいでしょ。でも「そら庵」のコネは強力らしく、仕事中の河田女史は歓迎してくれました。そもそもここを知ったのは前述の通り「橙灯」の坂崎さんのおかげなんで、その話をしたらいっそう歓迎度UPであります。感謝であります。
e0185645_1341938.jpg
ちらかっている‥‥と謙遜してましたが、1Fの雰囲気とは全く違って(そう言ったら「そら庵」さんに失礼だろうが!いやいや1Fは1Fで味があるんだってば !!)、天井のない広い空間と色と空気と洒落ております。長居は迷惑だと判断したので軽い話しか出来なかったが、前回のスケッチ展の写真を見せてもらうと素敵であります。この上下に広がる空間を最大限に利用している展示でありました。
次回の展示の時には知らせてくれるというので、行ってみようと思っとります。

深川番所で一日だけの喫茶室がOpenする。そう‥‥たった一日だけ。
e0185645_1344048.jpg
【深川和装喫茶室】〜着物でおでかけしませんか?〜
2010年1月17日(日) 12:00~23:00(ラストオーダー22:30)

隅田川の見える深川番所の 一日だけの喫茶室へようこそ。
フルタヨウコさんによる華やかなお料理とお菓子、栽培にこだわったお茶の数々をご用意してお待ちしています。そして「アンティーク着物NAO」が深川番所に特別出店。スタイリスト・福岡奈良さんならではのコーディネートや品揃えが並びます!さらに、19:30より、ジャズ・ボサノバボーカリスト・行川さをりさんとピアニスト・岡野勇仁さんによるボサノバ・ユニット「風と丘」の生ライヴをお愉しみいただけます。素敵な演奏をお聴きのがしなく!


  昼茶:12:00~17:00 お茶、お菓子 
    (お茶とお菓子のセット ¥1000~)
  夜茶:17:00~23:00 お茶、お酒、お菓子、おつまみ 
    (お茶とお菓子のセット ¥1000~)(お酒・おつまみ ¥500 each ~)
    ※ ミュージック・チャージ ¥500
 お夕食:18:30~21:30(限定20名様、要予約)
    (¥3500 1ドリンク付き・ミュージックチャージ込み)
 ♪ボサノバ・ライヴ 19:30~20:00 / 20:30~21:00 / 21:30~22:00


e0185645_135036.gif
深川番所 website 所在地 : 江東区常盤1-1-1
e0185645_1374238.jpg



[PR]
e0185645_16105780.jpg
もう今年もカウントダウンであります。アメ横の「年の瀬」の様子であります。
例年だとタラバあたりを購入し、正月二日に大鍋で蒸して腹一杯喰らうところなんですが‥‥
 ① 期待された奥さんの退院が年越し(多分1月には出来ると思うんだけど)になったこと。
 ② なんと年も終わりになる一昨日に我家の冷蔵庫がぶっ壊れたこと。
以上二点の理由により今年は喧噪の様子だけ紹介してみた。明日31日の混雑は半端ないっす。
e0185645_1611634.jpg
※一昨日の夜警の時に町内の電気屋「すかいらーく堂」のUジロー君に相談したところ、冷蔵庫のコンプレッサーが壊れているだろうという診断。古い冷蔵庫は修理しようにもメーカーに部品がないことが多く、新しいのを勝った方がよっぽど良いと断言されてしまいました。
とりあえずは階下の親の冷蔵庫を共有させてもらうとして、奥さんが退院してから真剣に考える。



[PR]
e0185645_12435959.jpg
Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~ 12月31日(木曜日) in さいたまスーパーアリーナ
今年最後の予想であります!対戦組合わせの赤文字が予想する勝者であります。
※「K-1甲子園」は KO決着以外は TBS が HIROYA君を優勝させたがっているので、予想しません。

スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~ 決勝戦
e0185645_8562725.jpg
ソクジュ(カメルーン/チーム・クエスト)VS ミノワマン(日本/フリー)
ソクジュ(182cm/100kg)に対してミノワマン(175cm/87.5kg)の体重差は圧倒的だ。ミノワマンは体格差のあるボブ・サップやチェ・ホンマンに勝利しているもののこの二人はグランド勝負が出来ない代表。ソクジュは比較するとバランスが良く、グランドに持っていかれるというイメージがどうしてもわかない。パンチ(プッシュ気味でも)でダウンを奪われたミノワマンがそのままパウンドで TKO されるというのが順当か。


K-1ヘビー級ワンマッチ
e0185645_8571746.jpg
レイ・セフォー(ニュージーランド/レイ・セフォー ファイト アカデミー)VS 西島洋介(日本/AK)
あまりというか全く興味がない試合であります。K-1ルールでなくボクシングの試合をしてくれるなら西島に一票入れてあげたいが、それは無理な話で。西島はこの試合でボクシングシューズを着用するようであります。つまりルール上キックは禁止。結局はセフォーのローとミドル‥‥コーナーでボコられて終了ってパターンですかね?それにしてもこの両者の戦いに何の意味があるんでしょうな。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8591651.jpg
泉 浩(日本/プレシオス)VS 柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
これも興味があんましという組合わせであります。
つーか、柴田君って強くはないでしょ。泉君に勝たせてあげましょうよ。
泉君はデビュー戦で打撃勝負をしてKO負けしました。ここは絞め技で勝負すべきですな。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8581496.jpg
小見川道大(日本/吉田道場)VS 高谷裕之(日本/高谷軍団)
この戦い!結構我輩の中では楽しみにしているんであります。選手の格(知名度も含めて)からすれば両者共に中堅ドコロだと思われますが、なんせ二人の戦う姿勢が似ているんですねぇ。小見川は体重(クラス)を下げてから「覚醒した」と評価されるほどの好調ぶり。柔道家でありながらスタンドの打撃も上手い。なんせサンドロと戦った際も打撃で打ち負けてなかったですから。
高谷も好きな選手の一人なんで勝たせてあげたいんですが、打撃で互角ということであれば「武道」のバックボーンがある小見川が有利ではないでしょーか。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8593838.jpg
桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)VS 郷野聡寛(日本/GRABAKA)
郷野‥‥ねぇ。
前回の試合では自粛しましたが、今回の入場時にヘタなパフォーマンスをするようならマッハにサクッと料理して欲しいですな。身長は郷野の方が4cmほど高くリーチも差があるんですが、距離を十分とっての打撃戦にはならんと思うんですねえ。もしかすると3Rまでもつれ込んでの判定もあるでしょうが、その場合はかなりの膠着した試合になった場合。全体を見てもマッハ優勢のイメージは崩せそうもないので、KO決着でも判定決着でもマッハの勝ちといたします。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_904689.jpg
三崎和雄(日本/フリー)VS メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショー・タイム)
これって、難しいであります。心情的には三崎にどうしても勝ってもらいたい。
三崎が勝つパターンはマヌーフの打撃を1Rしのいで2R以降になった場合しか思いつきませんな。
過去打撃を喰らいながらも逆転勝利してきた三崎ですが、マヌーフの打撃は半端じゃなく試合開始2分程度でいいのを喰らっちゃいそうなイヤな予感がいたします。多分今回はダウンさせてパウンドした場合、レフェリーが試合を止めるのが早いと思うんですね(試合数が多いから特に)。三崎が呑込まれてしまうような‥‥。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8585245.jpg
所 英男(日本/チームZST)VS キム・ジョンマン(韓国/CMA KOREA/KTT)
当初は VSマルロン・サンドロだった試合。迷うことなくサンドロの勝ちと予想してましたが、サンドロが負傷欠場のため急遽代替でキムの出場であります。両者とも体格はほぼ互角。ただこのキム・ジョンマンはここ2年ほど勝ってないでしょ。ここは所があっさり勝たないと。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_90107.jpg
川尻達也(日本/T-BLOOD)VS 横田一則(日本/GRABAKA)
これは「敢えて」横田の勝利を予想しておく。横田は知名度こそ低いがスピードが持ち味の選手。足関節の名手であった北岡との一戦でも判明したように容易に倒されない選手でもある。川尻は打撃でいいのを当てるか、倒してからのパウンドを地道に「ピシパシ」当てていくパターン。両者決定的な攻勢はなくスタンドでの膠着パターンになるのではないか。最後までスピードの差が勝敗を分けると思うのでR。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8595498.jpg
山本“KID”徳郁(日本/KRAZY BEE)VS 金原正徳(日本/パラエストラ八王子/チームZST)
KIDの全盛時はズバリ4年前の VSホイラー ぐらいではなかったか。アマレスの大会に戻った際の腕の負傷もあって実践から離れたのが痛かったですな。このところMMAでもK-1でも負けが続いているのが KID の現状を物語っている。一方、金原は戦極(SRC)のフェザー級王者である。しかしそれはラッキーな展開で登り詰めた結果でありことと、知名度も少ないことから KID と比較して失うものが少ないといえる。KIDが勝つにはワンパンチのみ、5歳の年齢差はそのままスタミナの差になって金原の勝利はカタいと見る。


雷 電 杯
e0185645_905723.jpg
吉田秀彦(日本/吉田道場)VS 石井 慧(日本/アイダッシュ)
石井は期待する逸材だがデータが皆無のため予想出来ず。今回の予想は石井にここで勝たせてはいけないという我輩の考え。3Rまで膠着しての判定というのはイメージが悪いので、石井攻勢の展開で2R中盤で吉田の腕関節が決まってタップアウト!って展開が望ましい。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_8575312.jpg
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)VS 藤田和之(日本/藤田事務所)
藤田の全盛時は2004年、ボブ・サップをボコボコにした時期ぐらいまでだったろう。今回のオーフレイムは10歳若く、身長で12cm/体重で10kg という体格の差もある。藤田がオーフレイムを「かいな力」でコントロールするのは残念ながら不可能だと思われる。K-1で打撃にも自信を持っているオーフレイムがヒザ蹴りでのダウン→パウンド→レフェリーストップ という展開になるのではなかろうか。
だいたい藤田が選んだとはいえオーフレイムとのマッチメイクは無謀である。以前から我輩が力説している「36歳ライン」を守るべきだ。実現の可能性は別にして同年代の VS小川直也 あたりのカードであったら別の意味で大晦日に相応しいカードだと思うのだが。


DREAMvsSRC対抗戦 5分3R(DREAM×SRC対抗戦ルール)
e0185645_902995.jpg
青木真也(日本/パラエストラ東京)VS 廣田瑞人(日本/フリー)
これはサクッと青木の一本勝ち。廣田は同じ系列の北岡にはタックルをしのいでパンチやグランドでのヒザ蹴りでスタミナを奪いKO勝ちしたが、青木は体格で廣田を大きく上回り打撃を「苦手とはしていない」ため、終始青木ペースで試合は展開されると思われる。
ただ、青木の試合が面白いのは「青木の打たれ弱さ」にある。廣田の一発が決まれば逆の展開も有り。


DREAMヘビー級ワンマッチ
e0185645_12301985.jpg
ゲガール・ムサシ(オランダ/Red Devil International)VS ゲーリー・グッドリッジ(アメリカ/フリー)
ムサシを出したい気持ちは理解出来るが、完全なる消化試合である。地上波の視聴率のために今回のカードの順番になったのだろうが、会場観戦だとするとこのカードはせいぜい2〜3試合目のモノ。多分地上波ではカット、あくまでもメインの魔裟斗引退試合の時間調整のための試合順であると思われる。なんせグッドリッジが活躍していたのは10年前ですぞ。


魔裟斗引退試合 K-1ルール(3分5R延長1R)
e0185645_914570.jpg
魔裟斗(日本/シルバーウルフ)VS アンディ・サワー(オランダ/Sボクシングシーザージム・オランダ)
TBS的には魔裟斗が今まで一度も勝っていない相手〈アンディ・サワー〉に最後にリベンジをして有終の美を飾るという結末にしたいのだろうと思われる。なんせ TBS ですから。いいんですかね?それで。2007年10月のブアカオー戦、2008年10月の佐藤嘉洋戦、同じくキシェンコ戦と疑惑の判定が多すぎる魔裟斗。昨年K-1MAX優勝者ということで「最強」といわれているが、昨年の覇者は「佐藤orキシェンコ」であった展開もあるのだ。
引退試合で負けても最後に記憶に残る試合をすればいいのだ。判定決着だとまたネットが炎上する。


さて 2009.12.30 pm9:25 時点での我輩の勝敗と試合展開の予想は以上である。
今回は予想が難しい試合が多く、正直あんまし自信がない。
ただ Dream VS SRC(戦極)の対抗戦がメインのこの大会のカードを冷静に見てみると「なんか小粒」という感覚がどうしてもヌグイされない。ヒョードルがいない、ジョシュがいないのだ。昔の【PRIDE武士道】を大晦日に見せられているようで物足りない。この対抗戦が実現して来年の SRC(戦極)はやっていけるのだろうか?



[PR]
e0185645_0381721.jpg
今月は‥‥今まで訪れたくてもなかなか実現出来なかったトコに何故かあっさり行けちゃってます。この日、午前中に駒込に行く用事があり、それが終了してからどこぞ寄る店を前日に考えていた我輩であります。
土曜日。まてよ、確かあの店は土日限定だったハズ。
「千駄木文庫 Ume 1913」は最寄りの駅だと南北線本駒込駅、動坂上にある。
e0185645_23361894.jpg
前日にメールで確認していたとはいえ、初めて訪れる店のドアを開けるのには勇気がいる。音をたてないように入るイメージ。店内はソファーの席と窓際の細長テーブルに丸椅子、白い壁に雑貨、階段辺りに本が配置されている。ここは時間を楽しむ場所のようであります。
e0185645_23362727.jpg
やっと来ることが出来たことで少々舞い上がっておりまして、オーナー女史および先客の方とも思わず会話をしてしまいました。寡黙が売りの我輩が珍しいと思わないだろーか?
e0185645_233641100.jpg
評判のグリーンカレーは残念ながらこの日はなかったので、珈琲(タンザニアまたの名をキリマンジェロ)とホットサンドをオーダー。珈琲はカップごとのミニドリップで運ばれてきます。
e0185645_23365174.jpg
ホットサンド(ブルーベリージャム)を頬張り、苦みの少ない珈琲を飲みながら本の頁をめくりながら時を過ごすというのが本来の姿なのかもしれないですな。細長テーブルの一番奥に陣取って普段読まない本を斜め読みしたい。ゆるい時間というのを味わえそうな店でありました。
e0185645_2337097.jpg
ゆるい時間を味わいに来たはずの女性にも Anton流で話しちゃったので若干反省している。
次回も土日にチャンスがあれば‥‥今度こそ本来の寡黙な自分でいてみようと考えている。
e0185645_1148522.jpg
千駄木文庫 U m e 1913 blog
月曜日から金曜日までお休み 文京区千駄木5-38-6 open12:45〜18:00
【最寄り駅】■東京メトロ南北線「本駒込駅」徒歩2分
年始の営業
年始は1月3日(日曜日)12:45より営業



[PR]
e0185645_23342556.jpg
年の瀬‥‥拍子木の音と共に町内の防火意識を高めるために「火の用心」のかけ声を上げながら町内を巡る。浅草に限らずこれは風物詩のよーなモンですな。各町会が自分の町会を守るのであります。
e0185645_23343445.jpg
18:30過ぎから町会の若手中心に町会会館を夜警の詰所にするべく準備が始まり、19:00から町会役員が参加します。地元の消防署や警察署の陣中見舞いが気分を引き締めてくれますな。警察署は酒を差入れてくれるんですが、消防署の方はさすがにそういうわけにはいかず毎年「お煎餅」であります。
皆が待ち望んでいる我輩の差入れ、今年は「一ノ蔵」の安い方。大絶賛でありましたな。20:00過ぎに先輩の辻さんから封開けのリクエストがあったのだが、短時間でカラになりました。昨年はドブロクを持参し、大不評だったのだがこれでリベンジを果たしました。
e0185645_23344297.jpg
我が町会は本日12月28日を初日として3日間実施されます。我輩は二十有余年初日の参加でありますが、初日というのは一番エサがいいと言われております。本日は他町会でボヤ騒ぎがあったよーですな。
e0185645_2334526.jpg
毎年五月の大きな祭と違って、町会の長老と若手が3〜4時間ソフトドリンクを飲みながら意見交換する場でもあります。普遍的な行事というのはとっても大事なのでありますな。


[PR]
by anton_min | 2009-12-28 23:58 | 日々精進
e0185645_18521465.jpg
昼飯を済ませてから腹ごなしに深川不動堂の参道をプチ散策であります。ここに来ると定番なのが不動堂入口付近に出店しているお好み焼きであります。桜エビ / 紅ショウガ / 切りいか の3種あって一枚150円。これは別バラなのでいつものよーに切りいかを買って食べたのでありますが、さすがに600gのつけ麺直後というのは相当な無理がありましたな。元旦に深川不動堂と富岡八幡宮にお参りしようかと考えているので、その時は美味しく食べようと思っとります。
e0185645_18522358.jpg
富岡八幡宮の鳥居辺りには正月飾りを売る鳶の人達が道行く人に声を掛けておりました。もう新年も秒読み。


[PR]
e0185645_1838664.jpg
今年最後の「魚松ニィーキュー(290円)ランチ」を喰おう!といつもの3人で出かけたのでありますが、さすがに28日ともなると店が閉まっておりました。もう休みに入った会社も少なくないので仕方ないっていえば仕方ない。で、通りの向かい側にあるつけ麺の店に行ってみました。まだまだ門前仲町には B級グルメの名店があるはずであります。店を覗くと丁度3席が空きそうだったので入店。
e0185645_18381330.jpg
つけ麺専門店のようであります。並300g / 中盛450g / 大盛600gで、値段は変わらず750円という設定でありました。浅草雷門の「利平」と同じで嬉しい設定ね。
e0185645_18382075.jpg
迷わず600g麺の大盛を注文する。つけ麺の場合、600gといえども臆することはない。女性でも中盛450gは普通に喰えちゃうんじゃないですかねぇ。つけ汁は玉葱が入った魚介系?麺は結構な極太であります。この店で製麺しているらしくコシもあって旨い麺でありました。自家製麺だから普通〜大盛まで同一料金の設定が出来るんでしょーな。叉焼もしっかり肉の旨味がありました。合格っ!
e0185645_18382814.jpg
つけ麺 紫匠乃(むらさきのたくみ)】 食べログ紹介ページ
年中無休 江東区富岡1-24-6 03.3641.1616 open11:30〜24:00


[PR]
e0185645_740314.jpg
さて開催が3日後に迫った大晦日決戦『Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~』だが、遅くとも前日の12月30日までには試合結果予想をお知らせする。そう、全国2500万人の我がブログおよび格闘技ファンに向けてだ。
直近の格闘技大会ではおよそ8割の的中率であったが、果たして今大会の成績は如何に?

※試合日時と開催場所 12月31日(木曜日)15:00から さいたまスーパーアリーナ
※地上波放送 12月31日 TBS 18:00〜23:39 放送
※完全放送 1月1日 スカパー180ch. 0:00〜試合終了まで完全ニアLive !



[PR]
e0185645_7125445.jpg
属にいう「谷根千」には雰囲気のある店が多い。カフェだったり、ギャラリーだったりそして小物や雑貨を扱う店だったり。ここ【C.A.G(セーアージー)】は guris(グリ)さんが作る帽子の店。今まで色々なブログで存在は知っていたがなかなか訪れることが出来なかった。月・火・水休みだかんね。
e0185645_02410.jpg
我輩が写真を撮らせてもらっている間も grisさんの手は仕事してました。時期によっては店内の一部をギャラリーとして提供しているようですが、通常は gris帽子のアトリエ&ショップであります。訪れた人はアトリエに並んだ帽子を吟味しそのまま購入しても良し、サイズや素材をかえるなどのセミオーダーをしても良しと色々とリクエストに応じているよーです。「手仕事」「手づくり」という言葉は心に安らぎを感じさせてくれると思いません? 違和感のない Anton帽をいつか作ってもらいますかね?
e0185645_021274.jpg
C.A.G website
chapeaux artisanaux de grisblog
月・火・水曜日定休 
文京区千駄木2-39-5 富士マンション1F 03.6276.8400 open12:00〜19:00
e0185645_023986.gif

年末年始のお休み
12月28日から 1月6日までお休み 年始は1月7日(木曜日)13:00より営業



[PR]